再生トナー何で選ぶ?

再生トナー何で選ぶ?

再生トナー何で選ぶ? 再生トナーを導入する時は、何で選ぶかということを悩む場合があります。
まず大切なことは印字の質です。
黒の印字は、銃声のトナーとほぼ同じなのですが、カラーの印字は再生トナーの場合は、純正のような質にならないことがあります。
カラーの色合いが、できるだけ純正に近いものを選ぶようにしましょう。
次はコストです。
再生トナーは安いですが、価格は販売業者によって異なっています。
できるだけ安い業者を選んだ方がコストを抑えられます。
ただし、安いからと言って質が悪ければ、それを導入する意味がありません。
特にカラーの印字の質にはこだわって、販売業者を探しましょう。
三番目のポイントは、不具合時の保証です。
再生トナーは純正のものにくらべて、不具合が発生することがわずかに多いです。
不具合が起きた時は、手厚い保障をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。
トナーに不具合が起こったら、それをすぐに交換してくれる業者が一番良いです。
トナーが原因でプリンタに不具合が起きることもあります。
この種の不具合は非常に少ないのですが、念のために注意した方が良いでしょう。
プリンタが故障した場合は、修理費を負担してくれる業者を選ぶようにしましょう。

再生トナーの選び方

再生トナーの選び方 再生トナーは純正インクよりも格安で購入できるというメリットがあります。
しかし選び方を間違えると後悔する事になるので気を付けましょう。
というのも再生トナーの中には品質の良くないものがあるからです。
モニターに表示されている色とは違う色が印刷されてしまったり、そもそもインクカートリッジがプリンターに認識されず使えないということもあります。
そうならないためにもできるだけ再生トナーは日本製のものを使うようにしてください。
日本製のものの場合インクの質も純正とそれほど変わりませんしプリンターが認識しないというトラブルも起こりにくくなります。
万が一そのような事があっても何らかの対応をしてくれます。
ですので再生トナーは価格だけで選ぶのは避けましょう。
海外製のリサイクルトナーは日本製に比べて安いことが多いのですが安さで選ぶと全く使えずしかも交換にも応じてもらえず損になることもあります。
また不安な場合はリサイクルトナーのレビューを見て決めるのもいいでしょう。
レビューを投稿している方の使っているプリンターにも多少の違いがありますが参考になります。
品質にこだわった印刷をしなければいけない場合は純正の方がより安心ですが、単に資料を作るだけの目的でトナーを使うならリサイクルでも十分です。

新着情報

◎2017/1/25

再生トナーの豆知識
の情報を更新しました。

「トナー 格安」
に関連するツイート
Twitter